人気ブログランキング | 話題のタグを見る

大工さんの技


近年、町家の改修のお仕事が多くなり

大工さん達は昔よりも難しい仕事が増えたと言います。

昨日ご紹介した会長の講演内容を読み返してみました。

大工さんの仕事の奥深さに驚きます、一部だけ紹介させて頂きます。





【物干しというのは昔から年数が経っただけもつという、

職人さんが5年経った者やったら5年しかもたへん。

10年経った者やったら10年もつ。

まぁ30年経っとったら30年もつとは限りませんが

それくらい職人さんの腕が上がってくると、

いわゆる仕口にしても込み栓にしても、
それから削り方にしても
きれいに削るもんですから持ちが良い。

事実、鉋をきれいにかけた場合、

水を垂らしますと、水が玉のままでいる。水を弾く力があります。

ペーパーで擦ったやつは、すぐ水が浸透してしまいます。

ですから、鑿一つにしても、よく切れるのみできちんと仕口をつくれば

水が浸み込まないと言われている。

それぐらい職人の年数分、木の物干しは持つもんやと思っています。】






大工さんの技_e0360486_10262145.gif


(株)アラキ工務店の事務担当からの一言でした。
by araki-kita | 1900-01-01 00:00