人気ブログランキング | 話題のタグを見る

抽象的なデザインの障子

NHK鑑賞マニュアル「美の壺」。

好きなNoの時だけ見ています、今回は障子。

弊社で仕事をするようになり、

いろいろな障子を見る機会が増えました。

番組で洋風建築のお宅に使われていた障子が

とても印象に残りました。

「抽象的なデザインにすることで、和にも洋にも合う。」
理由はわかりませんが、直感的に好きな感じだと思いました。
洋風建築に使われていることで障子がとても身近になります♪



以下HPより抜粋


file322 「障子 和の光と暮らす」


茅ヶ崎にある、洋風建築のお宅です。
リビングの壁一面をガラスにした窓。

そこにはカーテンではなく、障子が。

桟の太さと骨組みが同じに設定されているため、抽象的なデザインで、
和にも洋にも合うのです。




ご興味のある方は「美の壺」HPでチェックしてみて下さいね。



抽象的なデザインの障子_e0360486_10262145.gif


(株)アラキ工務店の事務担当からの一言でした。
by araki-kita | 1900-01-01 00:00